NY市場に上場する米国リート銘柄数 約140

僕の投資基準に合致するものを現在 選定してます。

毎日少しずつお伝えしています。


選定基準   リートが保有もしくは管理運営する物件の立地、築年数、稼働率、財務状況全てを調べて

買えるかどうかの判断です。


米国は2回目の利上げを大統領選挙通過後に行うかどうかです。

2回目の利上げといっても上げ幅は少ないです。


金利の上げ幅は少なくても負債比率の多いリートにとっては負担になります。

直近米リートの値動きはどれもが軟調  これは利上げを織り込む動きです。

どこかで利上げを織り込んで、利上げが行われるであろうを吸収して、価格は落ち着くでしょう。


投資のタイミングとしては、 大統領選挙でヒラリークリントン氏もしくはトランプ氏 どちらかがかなり優勢でほぼ決まりが見えて、その次の大きなイベント米金利上げが年内なのか年を明けてからなのかが見えてきたころではないでしょうか。

となると11月中旬~12月が 米リートの投資機会です。 


米国では株は11月に買って5月に売り抜けろといいます。