米市場で10年後も活躍し全世界が必要とする企業はどこか?


10年前と 現在では  米国時価総額10位に 大きな大きな変化があります。

10年前は  GEや石油関連 一般消費 銀行 が 世界のトップテンでした


しかし2016年現在 トップテンの内 7つがインターネット関連です。




10年前の米国市場 時価総額   

1位 ゼネラルエレクトリック  

2位 エクソンモービル 

3位 マイクロソフト

4位 シティグループ

5位 BP

6位 プロクター&ギャンブル

7位 ウォルマート

8位 日本のトヨタ

9位 バンクオブアメリカ

10位 HSBC





2016年 現在


1位  アップル

2位  マイクロソフト

3位  アマゾン

4位  エクソンモービル

5位  ジョンソンアンドジョンソン

6位 フェイスブック

7位 グーグル  

8位 アリババ

9位 ゼネラルエレクトリック

10位 チャイナモバイル




10年先に米国時価総額20位以内に入ってくる企業の株を持つ事ができれば資産を大きく増やすことができるでしょう。


それってどれ? 


それはこれからゆっくり調べて10年先を考えていきます。

なんとなくいえることは、今ある流れ IT関連 インターネット関連は10年先はもっと加速していてより多くの便利で生活には不可欠なものになっているであろうということは言えます。