米国株投資 presented by snowfield ニューヨーク株投資

米株に特化した銘柄情報や米株動向についてをお伝えしていきたいと思います。 投資歴20年以上の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます

カテゴリ: 米株投資 米高配当

Alibaba Group Holding Limited    ティッカーBABA

昨夜の株価は108ドル41セント

上場後の最高値は115ドルです。  最高値まであと6%幅、7ドルに迫ってきております。  


現在は右上がりのトレンドの中にあり、このまま順調に行けば年内中に115ドルへのトライの可能性があります。


100株の投資で 手数料入れて 10900ドル  5~6%幅を狙えますね。


僕はすでに投入済みですので、値上がりを待ちます。

   

NY市場に上場する  

サイバーセキュリティ&IT のブルとベア  2倍ETFのご紹介

Direxion Daily Cyber Security & IT Bull and Bear 2x Shares

配当利回りはゼロ  



サイバーセキュリティ関連を

上げ方向と読めば Bull     

下げ方向と読めばBear



この先の未来、サイバーセキュリティ関連は必ず必要なものです。

Bullを買って5年放置しても良いのではないか??




バンガード・ハイディビデンド・イールドETF   ティッカーVYM

配当利回り2.69%   配当は年4回

全く高配当ではない!


バンガード・ハイディビデンド・イールドETFは 構成銘柄 約400

上位組み入れは マイクロソフト エクソンモービル GE ジョンソン&ジョンソン
ウェルスファーゴ JPモルガンチュース プロクター&ギャンブラー
AT&T ファイザー ヴェライゾン

米上場の誰でもが知っている有名企業がずらっと入っているETFです。


2012年頃は利回りが4%ほどありましたが、現在は株価の値上がりで利回りは低下しています。



バンガード・ハイディビデンド・イールドETFを買う機会があるとすれば  ◯◯ショックのような事態が起こって株価が値下がりした時に買うと良いです。



Washington REIT  配当利回り3.93%

ワシントンDCに多くの物件を保有運営するリートです。

2006年の上場時 42ドル   最高値

2009年リーマンショックの後一時的に17ドル 


中間値 31ドル    


昨日の株価 30ドル   


30ドルより低い地で投資できれば とても堅い投資対象です。

アメリカ合衆国の首都であるワシントンDC 

リート物件ほとんどはワシントンDCにありオフィス、小売店、住宅、土地、
多様なポートフォリオを組んでいます。


安定的株価推移、ワシントンリート  持つべき1つです。


デューク・エナジー(Duke Energy Corporation)
配当利回り4.2%


2014年10月上場  46.74ドル    

上場から2年経過 先日85ドルをつける。   2倍化まで行ってませんが
1.8倍化


エネルギー関連の会社で  北米中米南米で事業を展開

天然ガスや電気供給や送電など

アッヴィ(AbbVie Inc.)  配当利回り3.62%

2014年 12月上場  

上場時の株価は28.9ドル    



先日67ドルまで上昇   1年9か月で2.3倍化


医薬品の開発や研究
免疫学、慢性 腎疾患、C型肝炎、婦人病、腫瘍、および神経系疾患など、特殊治療を要する分野の医薬品に関わる
多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病などの治療薬も製造





ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc.)

配当利回り 4.4%

総合電気通信会 社。有線音声・データサービス、無線サービス、インターネットサービス、電話帳発行などを手掛ける。連邦政府向けに業務用電話回線、データサービス、電気通信機器、公衆電話などのネットワークサービスも提供する。


こちらもAT&Tと似てます。   日本で言えばドコモのような会社です。


1983年の上場以降  33年間ずっと右上がり


持つべきは米株ではないでしょうか?

日本株で33年間上がっているのありますか?


AT&T(AT&T Inc.)  配当利回り 4.7%
。子会社および関係会社を通して、地域および長 距離電話サービス、無線・データ通信、インターネットアクセス、伝言サービス、インターネット・プロトコル(IP)ベースおよび衛星によるテレビ放送、セキュリティサービス、通信機器、電話帳の広告および出版などを手掛ける。


日本で言えば NTTドコモのような会社です。



上場は1984年  以来32年ずっと右上がり。

AT&Tは32年間ずっと上がり続けています。

持つべきはこういう株ではないでしょうか。




リバティー・プロパティ・トラスト(Liberty Property Trus)

配当利回り4.71%

産業用不動産リート  自社管理&運営

拠点はメリーランド州  

倉庫物流・サービス・組み立て・軽工場・研究開発に関わる不動産物件を保有しています。
オフィスビルも保有


株価は高い位置にあるので、何かのきっかけで下落したら保有したい1つです。


LTCプロパティーズ (LTC Properties, Inc.)

ヘルスケア系リート   配当利回り4.15%

1992年設立以来 米国内に224の物件  西海岸から東海岸まで30の州にわたる

物件の中身は  長期医療施設 介護施設 学校も含む


こちらの銘柄 毎月分配のようです。


全体相場が下落するようなタイミングがあれば 保有したい1つですね。















米高配当銘柄 
ウェルタワー(Welltower Inc.)  配当利回り4.6%

ジャンルは老人ホームヘルスケアリートです。 

株価は5年間 上下はありますが、安定的な推移をしております。 

物件稼働率は2015年度 95.1%

物件の82%はアメリカ  カナダが10% イギリスが8%


一部の保有物件として 
カナダのベルモント

米 ウィスコンシン州ミルウォーキーに病院

米ニューヨークの近く イーストブランスウィックに老人ホーム








↑このページのトップヘ